2007年04月21日

携帯電話向けにグーグル、パーソナライズドサーチ

携帯電話向けにグーグル、パーソナライズドサーチ

Googleは4月20日、携帯電話向けの
パーソナライズドサーチをまもなく日本でも開始することを
明らかにした。

ユーザーの利用履歴をもとに、表示する検索結果を変える。

パーソナライズドサーチは、
ユーザーが過去に入力したキーワードなどをもとに検索結果を
変えることで、ユーザーが求める情報にたどりつきやすくする
ことを狙っている。
例えば、過去によく検索していた「携帯最新情報」を調べた
ユーザーには、「携帯」と入力するだけで
「携帯電話の最新情報」を上部に表示させる表示したりする。


ユニバーサルアクセスを提供するのがGoogleの使命と
言ってます。
携帯電話はPCに比べて表示画面が小さく、
表示できる検索結果の数が限られています。

このため、よりユーザーの意図に合った検索結果を
表示することが求められているんですね。

米Google関係者は
「たくさんの情報を表示して、ユーザーが要らないものを自分で削っていくのではなく、ユーザーの行動履歴からその人が求めるものが最初に出てくるようにする必要がある」と話しています。

4月10日に開始したモバイルGmailでも同様の機能が取り入れられているの、知っていましたか。

モバイルGmailではメールの送信先を選ぶ際に頻繁に使う連絡先が上位に来るようになっているんですね。

携帯電話向けのパーソナライズドサーチは3月に北米で開始している。
日本での具体的な開始時期については明言を避けているらしいですが、きっと近い内に開始されるのではないでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。